チラウラヤーン3号

その辺のプログラマーのチラ裏です。

モバイルアプリ版はてブのメニュー設計で自分が苦手なタイプのUIがあった。

「人気」と「最新」のモード切り替えスイッチなんだけど、表示されている文言が現在のステートを示しているのか、押すと切り替わる先のステートを示しているのか分かりにくいので苦手だ。分かる人は分かるんだろうけど。

「現在これがアクティブですよ」ということを示すのであれば、例えば白背景にして文字色反転するとか、プルダウンで自分が遷移したい状態が選べる、などの方が明瞭であるように思う。それがベストとは言わないにしても。

で、以前、この手の「今の状態が分かりにくいパターンは避けよう」みたいな情報がまとまった記事をどこかで読んだ気がするのだけど、残念ながら僕のWeb検索能力では見つけることが出来なかった。

あと、デスクトップ版のはてブでもツライところがある。タイトルの省略だ。モバイル版であれば画面サイズの制約から1セルあたりに表示する文字数に制限を設けるのは理解できるけど、デスクトップ版では省略せずに表示して欲しい…。どのような内容なのか推測しにくく感じる。気にならない人はならないと思うけど。

せめてCSSをいじれば全文字表示できるようにして欲しい。

ここ3ヶ月ぐらい沼ばかり食べてるんですけど、たまに焼肉とかポンデリングとか食べると無茶苦茶うまいんですよね。

沼っていうのは、YouTubeのマッスルグリルチャンネルのボディビルダーであるシャイニー薊さんが紹介してる粥状の減量食です。

(僕は米を炊くのが面倒なのでオートミールをベースにアレンジしてます)

普段の味覚が一定だと、たまに美味しいものを食べた時、すご〜くおいしく感じられますね。いや、沼もうまいんですけど。

というわけで、唐突ですけど、田舎に住むのも良し悪しだなあ、なんて思ったり。だって、田舎って何食ってもうまいんすよ。

その舌で都会に出てくると銀座の高級しゃぶしゃぶなんか食ったところで「へ、へぇ〜…お、美味しいですねー…」って100パー気を遣い続けて、その日の寝る前になって「今日何食ったっけ?」みたいな感じになりますもん…。

今回のコロナを機に、都会生まれの人たちは田舎に行って色んなものを食べると良い。

あ、ダメか。感染が広がるか…。なんか、うまくいかないすね、世の中って。

とにかく、沼を食い続ける生活を体験するまで、何か特別なものを食べた時にこんなにも「むちゃくちゃうめえ!」なんて思ったことなかったんです、という話ですよ。

まあ、あったとしたら、ゴーフルぐらいですかね。ゴーフルだけ食べて暮らしましょう。うまいし。


ゲンキな人はゲンキじゃない人のことを考えなくなりがち。ゲンキじゃない人はゲンキな人のことを考えなくなりがち。

ゆきを

2020/09/13

学習をコツコツ進められるようになった (なってきた) のは、自分の人生において最大の収穫だと思う。

今までは決められた期限があり、それを意識してしまうと功名心と焦りからペースを自分の実力以上に上げてしまい、2,3日で疲れ果て、挫折するのが常だった。

今回はペースのみに焦点を絞って、期限を考えずに一定のペースをキープして、まずはとにかく継続自体が身に付けられるように生活を改善していった。 それが第1ステップだった。

そんな生活が今年6月末ぐらいから始まり、現在、2ヶ月半ほど継続しているが、ここらで心配事がむくむくと頭をもたげてきた。

「焦りが禁物なのは教訓として理解できたし、実践できた。しかしながら、時間は無限ではない。いや、こうなっているのは、まずは焦らないために時間が無限にあるかのように訓練してきた結果だから納得済みではある。でも、このままケイゾクしていくのはいいことだけど、果たして3年後に振り返ってみて、完了したのが微分積分と英文法だけだったとしたら、それもちょっと悲しいナァ...」

完了目処の日時が分かってなかった。頂上が見えないまま登ってるとすごく疲れる。完了目処を立てよう。

今日読んだ行動分析の知見を紹介していたビジネス本には「進捗をグラフ化しろ」とあった。なるほど、それは言われてみれば当たり前なんだけど、やってなかった。いや、当たり前とか言ってはいけない

勝間和代の著書「効率が10倍アップする 新・知的生産術」でもこんなふうに書いてあったしね。

よく、インプット対象について、本を読んだり人から話を聞いたときに、「そんなことはわかっている」「内容が平凡である」などと批判をする人がいます。 しかし、実際にアウトプットをしてみると、いかに自分の考えを、他人にわかりやすくまとめあげることが大変かよくわかります。 したがって、その人以上にすぐれたアウトプットを出す自信がない限り、どのような内容においても、それを平凡であると批判することはできません。

当たり前とかいってすみませんでした。

さて、グラフ化するには進捗データを入力しなければならない。進捗データから平均ペースを算出し、それを延長入力していくことで、いつになればこの山が切り崩し終わるのかが分かる。

今回はグラフによる可視化と、そこから得られるペースの上下や、グラフの見た目から得られる終了予測よりも、 「このペースでいくとX月X日まではかかりそうだ (うまくいった場合。病気とかしなかった場合)」 という具体的な日付が出せたことが自分にとっては衝撃が大きかった。

f:id:peketamin:20200913171041p:plain
進捗を入力したスプレッドシート。左上がPythonクックブックの読了ページ数。右下が積読消化数。

その結果、分かった終了目処は次のようなものだった。

  • Pythonクックブックが10/13
  • English Grammar in Useが
    • 1周目: 10/10
    • 2周目: 11/9
    • つまり、あと2ヶ月ぐらいで終えるペースの模様
  • すぐわかる微分積分が 11/20
  • 数学2演習書が 12/8

マジかよ。今年が終わっちゃうよ。それなのに、英語も数学もまだまだ全然「あ、余裕っすね」なんてレベルには達しないものなんですね。こういうの、筋トレの時も思ったなあ。「え、1ヶ月ぐらい筋トレ継続したら大胸筋がパンパンに膨らんじゃうと思ってた…。現実は、筋肉が膨らむどころか、客観的な見た目の変化がほとんどない…ボディビルダーたちの努力って半端なかったんだな…」

今となっては納得のいく終了目処だけど、焦りや不安にまみれてた過去においては気持ち的には、どんな学習単位も「大体3日ぐらいで終えられないか?」(不安と焦りで心がいっぱいだと我慢する力、待つ力、じっと長期的に取り組む力が弱い)という心持ちでいたから、「こんなにかかるものなのか...じゃぁ、もういいです」と諦めていただろうと思う。

と言うわけで、今までのペースランに加え、目標を見据えてちょっと負荷を意識していくのが第2ステップになりそう。

すごい「実行力」 (知的生きかた文庫)

すごい「実行力」 (知的生きかた文庫)

  • 作者:石田 淳
  • 発売日: 2007/06/20
  • メディア: 文庫


WAIS Ⅲや行列推理でIQ130以上出すより、出題範囲の広い国家公務員総合職試験をパスする方が難しくないですか?

日本版WAIS‐IIIの解釈事例と臨床研究

日本版WAIS‐IIIの解釈事例と臨床研究

2020/09/11

  • オルソケラトラジー再検査。
  • 7/25に装用テストを始めてから48日間。
  • 視力は前回 8/14 時点で、右0.9, 左0.6
  • 今回計測結果が右1.2, 左 0.8
  • ただ、朝晩の物の見え方がよくない。朝は本を読むと字がダブる。夜は物の輪郭が散乱して見えない。色もはっきりしない (薄暗いところでくすんだ白と青と緑の区別がつかない)。
  • というわけで、コンタクトやメガネの方が明らかに困らないので、 オルソ、取りやめとなりました
  • ICLも検討したけど、やらない。眼科医がメガネつかってるのは、万が一にも術中になにかの衝撃で焦点ズレが起きたり、生活視力の致命的低下が起こると廃業せざるを得なくなるからだ(下手すると人が死ぬ)。私も万が一にも視力が不可逆のダメージを受けると廃業せざるを得ないと思っているので、とりあえず器具による矯正治療で良いです。
  • 裸眼でのプール、楽だったなぁ... (遠い目)
  • これからはプールへ行っても温泉へ行っても、時計の針が何時を指しているか分からなくなるのだなぁ...。
  • Flower for Algernon ぽい。


それはそれとして。

  • 貯金はガンガン減っていっていて余裕はないのだが、
  • 歯科矯正、100万円以下ならかけてもいいかなーと思い始めてる。
  • というのも、歯が弱くなってくる60代に、歯周病やかみ合わせに由来する全身状態に、ティッピングポイント的な差が出るのではないかと思ってるからだ。
  • 歯列が整列してないと、どうしても咬合と磨き残し、歯肉に悪影響が出やすいという認識でいる。
  • なので、100万円であと40年間の健康を買う、という感じ。
  • つまり、年間2.5万円の健康維持費をサブスクするのである。
  • そう考えると、高額ではあるものの、悪くない金の使い途に思えてきた。
  • 「子どもが持てたら、その分を子どもの歯列矯正に使えば?」とも悩んだけど、子を健全に育てるなら親が健全でありたい。
  • なんでいきなり100万円が〜などと言ってるかというと、30万円で矯正ができるというhanaraviというマウスピース矯正サービスに申し込み、歯型サンプルを送り確認してもらった結果、私の叢生の程度は適応外レベルでした、とのことだったので、マウスピース矯正は諦めてワイヤー矯正にするしかないと判断したから。

2020/09/07

学習における、書くことによる記憶作業の話。

タイピングしてノートを取るより、紙とペンで物理的に書いて覚える方が頭に残る気がする。

ので、メインの記憶支援ツールを、タイピングから紙とペンに戻した。おかえりなさいませ、ご主人様。

例えるなら、紙とペンを使った場合は、指で直接相手を愛撫する感じ。メモ帳アプリに打ち込むのは、テキストで愛撫する感じ。テキスト入力の方は、ちょっと肉体性が足りないから、刺激が薄い気がする。

あと、1時間ごとに作業を区切って、1時間継続できたら報酬としてアメを舐めてみることにしたが、どうなんだろう。 糖類の摂取は快楽の刺激となる。アメがなければ砂糖でもいいんだけど。イルカとか、海の動物を調教する時ってエサを使うでしょ。アレを自分にやってみようとしている。嫌なことの後に好きなことを入れると、嫌なことが強化されるそうだ。ここで言う「強化」は行動分析学の用語の方。つまり、やろうとしているのはオペラント条件付け。

想像しうる危険性としては、試験などで時間が1時間を大幅に超える作業に集中しなければならない場面で、アメがないことで、1時間を以って集中力が終わること。ふむ。


あ、でも、紙とペンを取りに行くのがだるいときや、軽い復習や、読むための集中ができさえすればいい時は、PDFとかスクショにMarkupするだけにしています。こういう時、iPadApple Pencilの組み合わせは便利。なお、今のところサードパーティーアプリは使わず、標準機能だけでやってます。

傍線を引くか、丸で囲むか、星印を付けるか、ツッコミを書き込むか、そういうことを1分に1回ぐらい入れながらだと本が読めることが分かった。

つまり、僕の集中力は放っておくと1分しか持たない。何か作業を入れて主体的に文と関わらないとすぐに違うことを考え出し、脱線するとしばらく帰ってこれない。

だから、著者と会談してるつもりで、メモを取りながらその人と話してるつもりで読むと良さそう。

その点、高校数学の単純な記号操作に終始する演習書なんかは対話しなくていいから比較的ラク (簡単に解けるとは言ってない)。聞くことがあるとしても「で結局、質問はなんでしたっけ?」ぐらい。

はー、すーはーすーはー

GET UP AND DANCE

GET UP AND DANCE


文章が下手な人が研鑽を経て格調高い美文を習得できるものだろうか。

三島由紀夫なんか最初っから格調高いし、どうなんだろう…凡庸なプログラマーは鍛錬によってソリッドなコードは書けるようになるけど、エレガントなコードになるかどうか、ってとこと同じなのかな。

ただ少なくとも、書いた量と読んだ量が少ない者が、そんなことを疑問に思っててもなんの生産性もないことだけは確かだ。読んで、書いて、ベソかいて、だ。


2020/09/06

鬱傾向のある人の読書準備

  • 部屋を片付けておく
    • 片付けた方がいいんだけど、元気なくて出来ない、でも気になる、みたいな思考ノイズはじわじわと元気と集中力を削る
  • テレビやラジオは消す
    • ホワイトノイズとかならいいかも
    • 人は同時に複数のタイムラインを並行処理するのには段階的な訓練が必要。通常の人類はメモリやCPUを浪費してピークパフォーマンスを得られず、しかし、シングルスレッドで処理した時よりも短時間で大きな疲れが出る。それはもったいない。
    • 1タスクごとに、他の雑音を排して集中した方がエネルギーロスが少ないのは、読書以外も同じ。

2020/09/07

キャスト・アウェイでバレーボールに顔を描いて友達にするところがすごい好きです。ウィルソーン!

キャスト・アウェイ (字幕版)

キャスト・アウェイ (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video

なんだよ「型にはまった人生」の方が難しいじゃん! もっと早く言ってくれればよかったのに!

毎日決まった時間に起きて、決まった時間に寝て、決まった日課をやって、決まった手法で未知のものにトライをして、失敗したらセオリーに従って振り返りをしたり記錄を見直して改善してまたトライして…それって積み重ねそのものじゃん。功夫じゃん。大きな力じゃん。守破離じゃん。

意思決定に無駄なエネルギー使わなくて済む分、創造的なことにエネルギー使えるじゃん。

才能も磨かずにサブカル好きのオレ、センスイイ!って思い込んでオリジナリティーを散漫に追いかけてた奴の方がなんの特別さもないじゃん (吐血)。

  • 本を読め
  • 勉強しろ
  • 新聞を読め
  • 人と話せ
  • 会話をするときは目を見ろ
  • 歯を磨け
  • 風呂に入れ
  • 人に優しくしろ
  • 早寝早起きをしろ
  • 運動をしろ
  • 論理的に考える訓練をしろ
  • ユーモアを忘れるな
  • ハキハキと喋れ
  • 旅をしろ
  • 恋愛をしろ
  • 失敗しろ
  • 食べすぎるな
  • ルールを守れ
  • マナーを覚えろ
  • 困難は分割しろ
  • 外国語を学べ
  • etc, etc...

ブルシット!何割の人がこれらを守れているというのだ。

何が個性を伸ばす教育をだ!何が没個性だ!

手堅いプラクティスを体系化してくれて敷かれたレールがあるならまずそのレールに乗らないとピープルはゲットレディして約束の地へ行くことができないんじゃん!

キリストも釈迦もアッラーフも、知ってたんなら、もっと分かりやすく一言で言い残しておいて欲しかったなー。

どうせあれでしょ?教えてくれなかったのは、

「今のコイツには言ったところでわからん」

とかそんな理由でしょ?

別に神を求めてないけど、汝に言われると思い出す。キミの「右の頬を打たれたら左の頬を差し出せ」というその思想のせいだよ。

ノーフューチャー!いや、生きる!