peketaminの日記

その辺のプログラマーのチラ裏です。

アリナミンEXゴールドとバファリンの代替品を買う

アフィブログっぽい内容。

腰痛、肩凝り、眼精疲労なんて無縁だと思っていた頃が僕にもありました。そんなの若かったからなんとかなってただけだったみたい。30代後半になり、見事におっさん臭い愁訴が出揃うようになってしまった。悲しい。泣いてる。アラフォーってこういうことなのか。

テレビをつけてたら「つらい人ほど実感できる。目の疲れに、肩こりに、腰痛に。さらに、首筋のこりに。つらい症状にこそ、ゴールドの効き目。アリナミンEXゴールド」と西島秀俊がCMに出てた。あんたは肉体をバッキバキに鍛えてるから、目はまだしも、肩凝りと腰痛はないだろ、とテレビに向かってツッコんだ。

【第3類医薬品】アリナミンEXゴールド 90錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

【第3類医薬品】アリナミンEXゴールド 90錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

でも俺は西島秀俊じゃないから、まさに首筋までツライ日が今年の初めあたりから続いていて、なんで俺は西島秀俊じゃないのか。

整骨院通いはしてるけど、仕事をしていて夕方に差し掛かったあたりから腰に痛みが出て来る日々がまだまだ続いているので、Amazonで買おうと思った。

そのとき「目の奥ジンジン。肩がビリビリ。腰ズキズキ、耐えられない。それ、実は末梢神経の問題かも。末梢神経まで届いて効く。ナボリンS」と、今度は椿鬼奴がCMに出てた。鬼奴は腰痛とか眼精疲労持ってそう。いかにも後発っぽいから、アリナミンより安いはず。

成分を調べてみると、詳しくは他のサイトに譲るが、葉酸はナボリンが多く、活性型ビタミンB6、ガンマオリザノールはナボリンには無いという差がある。そりゃ、有効成分の種類が多い方が効きそうだけど、臨床データも出てるならナボリンでいいか。

集合住宅1階の隣がちょうど薬局ココカラファインなので、そこで買うことにする。ナボリンSを探してると「眼精疲労・肩こりに!有名品と同じ成分!」のポップが目に入る。

【第3類医薬品】ビタタイムFXプラスα 270錠

【第3類医薬品】ビタタイムFXプラスα 270錠

アリナミンEXゴールドより1500円ぐらい安い。ナボリンSよりも500円ぐらい安い。成分を比較すると、ビタタイムFXプラスαには葉酸が無く、ニコチン酸アミドが入ってる。葉酸Wikipediaを見る限りでは場合によって働きの良し悪しが変わるらしい。ビタミンB12と協調するらしいので、入っている方が良さそうに思うが、いつも飲んでるプロテインに入ってるから別にいいか。ついでに言うと、妊娠を計画している女性は葉酸を一定量摂取することで胎児の神経管閉鎖障害、二分脊椎のリスクを下げられるようだ。

更に調べてみると、これらはジェネリック薬品とのこと。そうか、市販薬にもジェネリックがあるのか。そりゃそうか。これにする。

常備薬のEVEが残りが少なかったので、頭痛薬も探してみる。ラインナップの中で一番安かったので新セデス錠を選ぶ。こっちはエテンザミドに加えアセトアミノフェンが入ってる。イブはイブプロフェンバファリンはタイプによりロキソニンアスピリンアセトアミノフェンを主成分が違う。

【指定第2類医薬品】新セデス錠 80錠

【指定第2類医薬品】新セデス錠 80錠

検索してると、先発品とジェネリックを比較したサイトがいくつも見つかって助かる。

処方薬ではなるべく先発品にしてもらっているが、市販薬はジェネリックでいいや。市販薬の時点で処方薬より有効成分の配合量は少ないし。

モノを買うときはネットで検索してから、というのが今時の買い物の基本だけど、ジェネリックの存在を知らなかったので、そもそも比較するという発想がなかった。店頭に実際に出向くのも大事なことだ。セデスとビタタイムを同時に服用しても大丈夫なことを薬剤師に確認できたし。

歌が下手な理由の一つがわかった。喉に力を入れて歌ってたこと。喉は音程を調整するためのもので、細かな調整を可能にするため力を入れないこと。喉仏が上がらないこと。顎を引いた状態で歌えるようにする。つまり、首の力を抜かないといけない。

歌う側からすれば、喉で歌った方がサビでいきみやすくて楽しいし、息も持つしノリで歌えるからいいんだけど、録音してみると声が細くて軽い声で音程もフラフラしていて正直あまり心地よいものではない。

あと、息が漏れてる。多分、声をはっきり出すことにビビる小さい頃からの癖が出てる。


ついに1年前の体重を下回った。嬉しい。しかし、BMIで見ればまだ適正体重ではない。

3ヶ月で5kg減らせたので、適正体重までもあと3ヶ月ぐらいだろうか。いや、体脂肪が減るほど痩せにくくなって来るので、年末が目処だろう。

その後は体脂肪率を9%まで減らしたい。まずは、15%を切るのが当面の目標。

今日から膝をついてナロープッシュアップをする。


半月のポーズをやって見たところ、やはり腰痛が強い右側を下にして支えるポーズが安定しない。左に比べて足首が安定しておらず、足全体の内側が十分に支持できてない感覚がある。

いや、足首じゃないな。どこ?腰?むしろ左の腰の力が弱いのが原因?右のハムストリングの柔軟性が足りないのか?体と対話が必要っぽい。しばらく右足立ちで生活してみようかな。

今の自分が何点か分からないけど、40点〜60点だとして、まずは10点上げることを目指した努力ならやれそうな気がして希望が少し湧いた。

どう行ったところを伸ばしたいかを振り返って、何が身につけばどのくらいの点数分伸びたと評価出来そうかを考えようと思った。

「何かが欠けているという意識を持ち続けるのは難しい」って、村上龍のラブアンドポップに書いてあったような気がする。

色々下手なことがあるけど、まずは「やり切ったことがない」を潰したい。それが出来れば、10点を自分に上げても良い気がする。

怖くて仕方がない。でも逃げても、逃げながら切られて消耗していくぐらいなら、正面を向いて戦いながら方策を練った方が生存率が上がる気がした。ビビり沼から抜け出るには、まずは落ち着いて何が怖いのかを振り返ろうと思った。


今日の昼前に小林麻央さんの訃報があった。ガンで亡くなった人の報道はとても切ない。息をひきとる間際に「愛してる」と家族に告げ、旅立ったそうだ。彼女は、恐らく朦朧とした意識の中にいながら、今まさに自分が終わることを覚悟して力を振り絞ったのではないだろうか。

生きている人を、生きている間に、目一杯愛せたらいい。自分も含めて。そうすれば幸せに死ねる。

私が父の最期を見たのはFaceTimeを通してだった。妹が「父ちゃんは呼吸を忘れています…」と画面の向こうから伝えてくれた。呼吸がほとんど出来ない中、眠れば死ぬことを自覚し、意識を切らすまいと声なき声で訴えるような目でこちらを見つめたまま、事切れていた。あの目は今も私を見ている気がする。幸せに死ぬまでは、父の分も生きねばなるまい。父は、私の中に種を蒔いたのだ。

‪重要KPI、3D円グラフ、ソートされてない円グラフ、人間の目は角度に鈍感…覚えましたし‬

背骨の痛みは続くものの、腰が少しよくなって来た。ストレス解消も兼ねてシャドーボクシングを始める。3分で30kcalらしい。前に大きく動きすぎて腰痛を悪化させてしまったので、軽く、まずは20秒から。

いつものストレッチ、ヨガに加えて、ここ3日は握りこぶしを背や腰に当てながら仰向けに寝てグリグリするマッサージをしている。背骨の痛みもそのうち取れてくれると良いのだが。

息を吐いて、腹を凹ます腸腰筋ストレッチ、その状態で指先で直接腸腰筋を揉む。

軽い筋トレも入れている。スクワット、クロスクランチ、ジャックナイフ腹筋、膝つき腕立て、プランク

寝る前の30息瞑想。

朝の通勤路では、合掌の形で手のひら同士を押し合うアイソメトリックを10秒だけ。

体重は朝晩の両方とも65kg台に収まるようになって来た。

pythonのこと、なにもわかってなかった。

一つのことを極めることの深奥を感じた。

現状維持は衰退必死。死なないために死ぬ気で頑張ろう、でも死なないように気を付けながら。というお話を聞いて、なるほど、本来自然界はそういうものであったかも知れないと思うなどした。

  • 腹をくくる。どうせ戦うのなら
  • 計画を立てる
  • 骨格を作って→肉付けをする
  • 毎日やる
  • 落ち着いて

今後の自信を得るために逃げずに一度やり切ってみる