チラウラヤーン3号

その辺のプログラマーのチラ裏です。

一羽でチュン、二羽でチュンチュン

三羽そろえば


学校。小中高大。多くの友達と一緒に高みを目指す、しのぎを削る、そんな体験って、大人になってからだとスポーツぐらいしかない気がする。大手企業だと、同期入社と出世レースとか、研究者でも同世代同士の競争とかあるんだろうけど、ハッキリと定量化される場面て、多くはない。資格試験とて、組織の全員が受けるわけではないし、合格ラインは一つだ。大学のように数多あるわけじゃない。

あの時は嫌でしかたなかったけど、今思えば、貴いなあ。みんなが高みを目指す、なんて社会の理想型の一つなんじゃないかな。もちろん、それが全てとは言わないけど、フィクションかよ、っていう状況が学校では当たり前に起きてるのが、煌めきを感じる。就職する人もいたけど、それはそれで、船出を祝い想いを馳せるトキメキがあった。

みんな、真剣に見えた。真剣であることは美しい。

裸足の季節

裸足の季節

ロビンソン・クルーソー (光文社古典新訳文庫)

ロビンソン・クルーソー (光文社古典新訳文庫)

  • 作者:デフォー
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2018/09/28
  • メディア: Kindle


そういえば、職場の高学歴の人たちと仕事以外の雑談するときって話が保たなかった。というのも、相手の引き出しについていけなくて。なんだろ。知識のやり込みが違うというか。IQが10違うと会話が成り立たないってこれかー。

こっちが四則演算を通してしか世界を見れてないのに対して、彼らはナビエ・ストークス方程式とか当たり前に知ってて世界を捉えてる、みたいな (自分より上の人たちを喩えれないや)

だから、小学校5年の時に「これからは頭を使うことを止めよう!」なんて決めなければよかったと後悔したし、結果なんてものはすぐに出るものじゃないけど、正しく続けてれば必ず出るし、出ない場合も根本原因に向き合って、一つずつ取り組んでいけば、辛さの奈落には落ちない、ということを念頭に置いて一年を過ごしたい。

利己的な遺伝子 40周年記念版

利己的な遺伝子 40周年記念版

  • 漫画家になりたいんです!
    • 一度も描き終えたことない
  • ゲームデザイナーになりたいんです!
    • 設定の断片ばかりで一度も作り終えたことがない
  • 映画監督に!
    • 一度も撮り終えたことない
  • ミュージシャンに!
    • フレーズばっかり作って完成しない
  • 物理学者に!
    • 演習もしないし教科書も読まない

まさに今、こんな状態になってて、ウケる。

職業としての小説家 (新潮文庫)

職業としての小説家 (新潮文庫)

  • 作者:村上 春樹
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/09/28
  • メディア: 文庫


馬鹿なのに馬鹿を隠そうとするから疲れてたんだ。もう悪あがきはやめよう。楽におなり〜なさ〜い〜


ドーパミンの受容体の感度が低い場合…すりガラス越しに教科書を読もうとしてるようなものだとしたら…逆に感度を上げていけるのだとしたら…

精神疾患のバイオマーカー

精神疾患のバイオマーカー


後から何かを言うのは簡単なのと、建設的な議論が出来ないのであれば、スレッドに入っても得るものがない、与えられるものがない、と思い、ホットエントリならなんでもかんでもブクマするのやめた。

Twitterの「今更こんなこと言ってるのは馬鹿なの?」系も、なんの益体もないので、スルーするようになった。前は「なるほど、そんな批評眼は自分にはなかった。頭いいなあ…」と羨んでいたけど、もう羨まなくてよくなった。


会社で働いてると高学歴の人たちと仕事することも多く、普段は何気なく一緒な仕事に取り組んだり教えたり教えられたりしてたけど、やっぱり要所要所で飲み込みや理解の早さが違ったり、結果を鵜呑みにせず確からしさに疑問を提示したりしてくるあたりが頭が良いなあ、と感じた瞬間だった。

考えてみれば、会社に入ってしまうと、学校のテストのような統一的な物差しで能力を測られることが減るから油断してたけど、もしその人と一緒に学校にいたなら、目の前のその人たちは、テストの点数が自分のダブルスコアを余裕で付けてくる人たちだったはずで、そう考えると、コミュニケーションの端々に、お互いの認識でズレたところや理解不十分なところが暗に発生していてもおかしくないわ。。。

ただ、偏差値上位校卒じゃなくても、地頭がよいのか、プロセスをまめに回すことが得意でガンガンアウトプットを出してきたり、顧客との契約詰めもスムーズに回転させるのが得意な人はいたなあ。

得意なことがやれて、それがやりたいことで、かつ、やって欲しいことに重なってるポジションに配置するのが一番お互いにとっていいんだろうなあ。

ほんと、自分が赤点とってるとこに余裕で90点以上出してくる人たちに混ざって、その人たちの会話についていけない時って、惨めな気持ちになるけど、やる気は出る。イギリスチームに混じって飲んでる時とか、英語の7割が理解できなくて、ほんとに切なかった。「お前なんでここにいるの?w」みたいな。いや、言われてないし、思われてもないだろうけど。


‪粉末酒…デンプンを使ってアルコールを粉末化して、ブランデーの粉とかが作れる。すごい。‬科学って魔法みたい…NHKで、ドラえもん50周年記念番組 ひみつ道具と科学、をやってて知った。


筋トレは続いてる訳ですが、今までで最長だ…偉い、アタイ、えらい。

懸垂が10回ぐらい出来る様になりたいんですけど、まずは体重を落とすとこからみたいです。というのも、今の体重は、適正体重+4.5kgなので、負荷懸垂になってしまうらしいんですよね。加えて、筋肉体操サーキットの腕立て伏せも、2セット目がまだ膝つきが入るぐらいなので、肩まわりの筋肉も足りてない訳です。

という訳で、懸垂は、まず体重を落としてからチャレンジしよう。それまでは腹筋6packs 30daysチャレンジをする。

中学校の数学の学び直ししてるんだけど、「変域」とか「同類項」とか、システム開発の日常で「区間が〜の範囲で変わるから〜」とか「似たような項目をくくり出して〜」とか説明してた概念にちゃんと名前があって、それを中学校で学んでいたんだ、ということに感動した。

このサイト「中学校数学学習サイト」が素晴らしい。

もういっそのこと、小学校の算数もやろう。小学校の算数はこのサイトがよさそう。WKI BOOKS の「小学校算数」

ja.wikibooks.org

でも、ランダムにいろんな領域の数学的事象を「"数学的概念がわからない人にも" 数学が身につくように、依存系列を学習時系列に並べ直して整理して、直感的とも思われる箇所にも噛み砕いた説明を加えて、教科書にまとめた」人たちって偉大だ。社会人になって、「散らばっていること」をまとめる苦労が分かったので、それを6年分のプログラムに整理するってとても大変なことだと思う。

そんな先人たちの苦労の集大成が、無料で学べていたとか、ヤバイ。

「1000万やるから、6年で誰でも学べるようにまとめろ。そして多くの生徒に教えろ、訓練させろ」と仕事を依頼されても、とてもやり切れる自信がない。

ありがたいことであります。「誰でもできるように体系を整理する」お仕事をしてきた人って、えらい...。

完全独習 統計学入門

完全独習 統計学入門


小学校、中学校の教科全体の要点を学び直したくなってきた。

小学校理科。算数と同じく、WIKI BOOKSよさげ。

ja.wikibooks.org

小学校の理科って3年性からだったんだ...。 あ、違う。自分が小学生だった頃と違って、小学校2年生までの理科は「生活科」に再編されたみたい。

英語ができれば、英語のリソースにもっとよさげなものもあるかも。 自分の英語力、アメリカの小学2年性レベルっぽいから、いっそのこと、アメリカの小学校のプログラムをやるとか...。 基礎知識は知っていることばかりだから、意外と早く出来るのでは...。

小学校5年の算数の動画例。

う...英語が完璧には聞き取れない...これはいいかも。。。

Oxford OWL: キッズ向けのいろんな読み物リソースがある。基本的にはアカウント登録 (無料) をして利用。

www.oxfordowl.co.uk

あとは Khan Academy にもキッズ向けコンテンツがあった。

www.khanacademy.org


文科省による教科種類の説明。 資料2-2「教科」について:文部科学省


大学の単位、「実績」って名前の方が良くない?欧米ではcreditでしょ?「信用」という日本語にしてしまうと、ちょっと意味合いがズレちゃうので。。。

  • 「卒業には124実績必要です。あなたは2実績足りない。電子回路と文学の実績が足りませんね」
  • 「オレ、位相幾何の実績落としそうなんだよね…」
  • 「あと、テクニカルライティングの実績が取れれば、今年度はオーケー」

ほら、なんかやる気でますよね??


[B! apple] おじいちゃんの遺言でApple製品は使わない – NorthPage

を読んでて思い出したこと。

プラットホーム関係なく。

誰もが使ってて「コレジャナイ」モヤモヤを抱いてたとこに「あの、探してたのコレじゃないですか?」と形にして出してきた人たちを尊敬する。

なんであれ、利用するだけの側が、作ったり運用したりする側に勝手な文句を言うのは、世の常だし (悪いとは言ってない。でもなんでも、当たり前になる前の黎明期は、驚きと称賛をもって受けられたんだろうけど)

気をつけたい。


「30超えてお互い独身だったら、結婚しようか」なんて言われた時期もありました、ははは、…はは…。(二児の母)


YouTuberの動画でよくBGM入れてるのを目にするけど、いる…?BGM…処理する量と対象が増えるから、本論が頭に入ってきにくくなるだけな気がする。入れるなら、もっと薄くか、たまに入れるのがいいと思う。不要にBGMを入れるのは、中身が薄い文章で改行を多目に入れるようなものだと思う。

あー、高校の頃、徒競走でBGMを鳴らした時に怒られたのはそういう理由だったか…。恥ずかしい…。


燃やすためには追い込むこと?儲けたければ、金を使え?ケチはあかん?


難しいことや、面白いことを言おうとすると、つまんないことしか言えないのは、IQの壁か?


ゼロ年代まで平板で発音してたのに、ここに来て‬頭にアクセントがついた「サイコパス」という言葉。隣のサイコさんとか、当時は市民のフリが出来るキチガイと似たニュアンスで使われてた。

隣のサイコさん―電波系からアングラ精神病院まで! (別冊宝島 (281))

隣のサイコさん―電波系からアングラ精神病院まで! (別冊宝島 (281))

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 1996/11
  • メディア: ムック

座禅、瞑想、サイコパスなど、流行ってから使い出す人たち、結局、それ以上調べたりしてない気がする。ADHDもそう。発達障害も。知ってる人はもっと前から知ってたし、声を上げてた。問題に自分から切り込んで行く人と、そうでない人がいる。失敗が怖くて、最初の1人、または、最初のフォロワーになれない。

でも、そんな感じでもいいから膾炙していって、まずは概念が広まれば、うつ病への理解よろしく、寛容な社会になるといいなあ。


‪「説明したり教えたりしても響かない人には響かない」というのをなんとかしようとしたのが雲水の修行?欧米的なアプローチは「平均的なのとは違う種類の人だから、無理に人と同じことをさせないで、専用の仕組みを設けましょう」なのかな‬


返事を返さないメディアの窓口担当者って不信感が募る…もう返事するのやめようかな…フェアじゃない。


家庭不破、静坐不能、軽度発達障害、不安障害などなど…これら内在的な問題を抱える生徒達を一緒くたに面倒みるなんて、1人の先生には無理だと思うなあ。心理、コミュニケーション、発達、疾病とか、専門的な、知識よりも技術が必要になるのでは。


痩せて、髪型と服を整えて顔出ししてれば、少しは結婚しやすくなるかなあ…

自学自習しつつ、間違えながら、謝ったり、振り返って改善したりしていくのが一番いいかも知れない。誰も彼も、完璧に出来てる訳ではないのだし…。

(講義があるものは予習復習が大事)

Linux User Groupは愛情を込めて、ビギナーのことを "タコ" と呼んでたしBSD User Groupにも同じような憲章があったかは分からないけど。

教えて君クレクレ君はダメ、半年ROMってから来い、クロスポストはネットのリソースの無駄、挨拶をしましょう、電話線の向こう側には人間がいる

からの

ネットニュース、アングラ掲示板、知恵袋、Twitterfacebook

からの

HelloTalk、Quora

そんで、言う人よりやる人の方が強い。言う側は常に「じゃ、お前がやれば?」と言われうることを想定しておかれたい。

インターネットを256倍使うための本 (Vol.1)

インターネットを256倍使うための本 (Vol.1)

インターネットを256倍使うための本 (Vol.2)

インターネットを256倍使うための本 (Vol.2)

UNIX MAGAZINE Classic with DVD(DVD4枚付)

UNIX MAGAZINE Classic with DVD(DVD4枚付)

HUNTER×HUNTER モノクロ版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

HUNTER×HUNTER モノクロ版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)


文字でやって面白いものと、音声 (ラジオ) でやって面白いものと、映像でやって面白いものと、漫画でやって面白いものは違う。これ、なんで?

情報の整列度合いが違うのかな。


‪浪人大学管理人は、たまぴん さんだったか。けんすう さんではなかった。‬


動きたいときに動けないとき。

禁止されるとやりたくなり、強制されるとやれない人の場合。

逆に、やるべきことを禁止する。やれてないことを、良しとする。「今日は勉強しちゃだめ」「今日一日なにもしちゃだめ」「風呂に入ったら1時間は出ちゃだめ」「皿洗いしちゃダメ」

森田療法っぽいな。


‪大学生の時、深夜に公園で空手の型の練習をしてたら、見られてたらしく、知らない先輩に学内NNTPへ「型の実用性云々」のポストをされたことをふと思い出した。‬

例えば、父親、アルコール依存の父親に、恐怖と愛着障害とともに育てられたとして。

その存在から離れたあと (死別や絶縁などで離れたあと) 、何か自分で頑張ったことがあれば、父親の顔を思い浮かべて、「よく頑張ったな」とか「うまく出来たな」「いいぞ」とか、本当の父親は言いそうになかったことでも、想像の中で、言ってもらいたかったことを言ってもらう想像を重ねるのはどうか。

自分の中の恐怖や不安を育てたかも知れない存在を、嘘で上書きしていく。

歪になるかな。死んだら仏になるんでしょ…。仏なら、慈悲があってもいいのでは…。

偉いお坊さんに相談してみたい。

実験医学 2015年6月号 Vol.33 No.9 脳神経回路リモデリング〜ヒトの個性と心の根源への挑戦

実験医学 2015年6月号 Vol.33 No.9 脳神経回路リモデリング〜ヒトの個性と心の根源への挑戦

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 羊土社
  • 発売日: 2015/05/20
  • メディア: 単行本


早速、理想化した親父の声とともに、1時間10km走ってきた。ちょっと頑張れた気がする。


毎日を無為に過ごすと、その日の出来事に対して「何も思わない日」が積み重なる。これは他社との雑残のときに困る要因となる。

世の中には、毎日何かしら思う人と、そうではない人に分かれてるんじゃないか?

そして、前者は情報発信と世界との触れ合いを得るが、後者はその機会を逸し続け、病みやすくなるのでは?

だとしたら、後者には「日常の捉え方、感じ方の訓練」があるといいんじゃないか?


ビバルディの四季、1725年に発表されたんだとさ。日本は江戸時代。科学工学は欧米に遅れを取ってたのは分かるけど、音楽の複雑さと、そこからの洗練の歴史も先をいかれてたんだなぁ…まぁ日本は日本で能とか日本刀とか洗練があったわけだけど。

ものごとの複雑さを増したあと、洗練して統合・調和させていく人たちは凄いなあ。天才だな。

VIVALDI WINTER

VIVALDI WINTER

  • GYZE
  • メタル
  • ¥250

Recomposed by Max Richter: Vivaldi, The Four Seasons: Winter 2

Recomposed by Max Richter: Vivaldi, The Four Seasons: Winter 2

  • マックス・リヒター, アンドレ・デ・リッダー, KONZERTHAUS KAMMERORCHESTER BERLIN & ダニエル・ホープ
  • クラシック
  • ¥255


スカーレット、家族間にしろ、夫婦間にしろ、仕事関係にしろ、友達にしろ…コミュニケーションの仕方の (作者の) 理想を描いてて非常に良い。親しき中にも礼儀あり。お礼を言う。謝る。席を設けて話し合う。基本なんだけど、やれば済むことなんだけど、なかなか出来てないことを行動にして描いている。

高校の時、そんな夢想をしてた。世の中には、大人になれない大人が多い。世に数多の、コミュニケーション本があり、思想の本があり、哲学の本があるにもかかわらず、現実の人口に奏功してないのは、目で見た経験や、それによる地続きの結果を目の当たりにしたり経験したことのある人が少ないからじゃないか。もし、良い映像を作って「これが一つの理想型です」と見せられたらいいのに…そんな映画を作りたいなあ、と思っていた。

朝ドラという視聴者の非常に多い媒体で示してくれて、胸の支えが洗われた。

遠藤浩輝がエデンの一巻に書いてたことを思い出す。庵野秀明が自分のやりたいことを全部やってくれた、と。でも、そこからこぼれ落ちたものが、エデンを作る動機になった、と言ってたこと。

EDEN(1) (アフタヌーンコミックス)

EDEN(1) (アフタヌーンコミックス)


Slackの何が優れてるって、検索してヒットしたポストをクリックすると、ちゃんと前後のポストも表示されるとこだよなあ。タイムラインがちゃんと保存されてる。その点、Twitterはヒットしたポストにしか飛べないのが不便。自分のタイムラインだけでも表示して欲しい…。


何かに不満があったとして、または、社会問題があったとして、一番強いのは行為者なり、支援団体なり、行動を起こしている人だと思った。外野からの意見も大事だけど、言うだけタダなので分を弁えるべきなんじゃないか、その前提認識を持っておくこと自体は大事なんじゃないか、と思った

親とのコミュニケーションで反省したこと

職場では、自分の知ってることや、考えられることや学習性能、学習態度が、相手にも同じレベルで備わっているという前提に立たずにコミュニケーションしてたけど、家族、特に母親に対してそれをやってないことに気付いた。

  • 「この前も同じこと聞かれて同じこと言ったでしょ?」
  • 「教えて欲しいって言ったのは自分なんだから、ちゃんとこっちの操作したときも見ててよ!」
  • 「なんで調べないの?なんで色々触ってみてから聞かないの?」
  • 「分からないときは、分からないって言ってよ!」
  • 「最近、これやってなくない?なんで?」

良くない。良くないよね…。自分だって、疎い分野のことを、あたかも「それぐらいのことは考えれば分かるよね、知ってるよね」という前提で五月雨で伝えられると、ついていけないし、萎縮してしまうし、悲しくなる…。

自分を育てたのは親なんだから、自分の学習可能なことは親にも、そのまま学習可能だと思ってしまっている。例えば、学校の先生や、大学の教授であれば、少なくとも生徒に教えられるだけの素養が備わっている前提で捉えているけど、親は別に教授法を学んだ先生ではないし、色々教えてくれた存在ではあるけど、幼児期以降に手厚く学習指導したりしてるわけじゃない。だって、親は親で、先生はそういう職能だし。

  • 「これってこうなんだよね。前にこんなことやったけど、それと似たような感じ」
  • 「後でこれやってもらうから、ちょっと見ててね」
  • 「こういうことで困った時、こういう調べ方すると情報出てくるんだよね。分からないときもあるけどw。あと、俺も全部知ってるわけじゃないから、俺の場合、いろいろこんな風に触ってみて試すんだよね」
  • 「わからないときは、わからないって言っていいからね。そしたら補足するし」
  • 「前こんなことやってたじゃん。もし最近やってなかったら、今日だけでも一緒にやらない?」

次からはこんな風に言ってみようと思った。あと、ありがとう、や、依頼されたことの事後報告とかもやるように心がけようと思った。

自分以外の人間は自分じゃねえんだよ!って沙村広明も言ってたし。

きたかぜとたいよう (イソップえほん5)

きたかぜとたいよう (イソップえほん5)

昨年末に一気に太ってしまった。それまでは65 kg 付近で、まあ、ちょい太りだったんだけど、そこから 69 kg まで膨れた。体脂肪率はついに 20 % に達した。やばいと思って、たまーにジョギングしてたりして、少しだけ落ちたんだけど、もう、太りレベルが変わってしまっていて、漫然と運動したりしなかったりだけだと 69 - 68 kg のバンドから動かない。

そこで、1月6日からダイエットを始めていたんだけど、今のところ順調な気している…たぶん…。

まあ、基準以上太ってれば、そのはみ出た分を減らすのは、ちょっと頑張れば出来るらしい (大変なのは、基準以下に痩せることらしい。要するに、ある体脂肪率を境に痩せにくくなる。モデルさんの体型って努力の賜物なんやねえ…)。

1/6: 68.3 kg, 20.1 %

1/17: 66.3 kg, 19.6 %

12日間で2kg。1日150g強ペース。悪くないと思う…。

やってるのは下記。

  • 何かを食べるたびにカロリーを調べて、足し合わせていき、1日のトータル摂取カロリーが1000 kcal - 1500 kcal に収まるようにする。
  • 筋肉体操を2日に1回
  • 少なくとも3時間おきには水を飲む
  • ストレッチ

たまにジョギングしてたけど、最近出来てない。ここに、

  • 週3回のジョギング
  • プランシェの練習
  • 脳トレ

を追加したいなあ。

運動よりカロリー制限を念頭に置いてる。これは、お医者さんに「運動では痩せません。入るカロリーを出るカロリーより減らしてください」とキッパリ言われたから。運動による消費カロリーを調べると、強度・負荷にもよるんだけど、15-30分程度の運動だと消費カロリーって 250 kcalとかなんだよね。ご飯が茶碗一杯で270 kcalぐらいあるから、苦しい思いをしてジョギングしてカロリー消費しても、たった一回の食事で簡単に相殺されてしまう。ダイエット効率としては食事制限の方が圧倒的に良い、ということをお医者さんは言ってたんだと思う。

食べる量をガラッと変えると栄養不足が怖いので、一応毎日、小魚、マルチ栄養素サプリを取ってる。

体脂肪率はまずは 18%以下を目指して、刻んで行って、半年以内に10%以下を目指したいがどうか…。

取り敢えず、慢性的な胃痛は無くなったし、腰痛も軽減してきた気がする。これはデカイ。食べすぎで胃が荒れてると口臭も気になるし。腰痛は日常動作を緩慢にし、動くのを億劫にさせる。

何せ、出っ張ったお腹は、屈む動作や座屈するだけでも邪魔だし、反り腰の原因にもなるし、内臓脂肪が多いのは色んなリスクがある。お金持ちじゃないなら、医療コストは下げたほうがいい。健康は金で買えないし。

本当はリングフィットアドベンチャー欲しいんだけど、人気すぎて予約すら出来ないし、諦めて自重トレに励もうと思います。

リングフィット アドベンチャー -Switch

リングフィット アドベンチャー -Switch

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 任天堂
  • 発売日: 2019/10/18
  • メディア: Video Game

Ring Fit Adventure (輸入版:北米) – Switch

Ring Fit Adventure (輸入版:北米) – Switch

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: Nintendo(World)
  • 発売日: 2019/10/18
  • メディア: Video Game


2020/01/18

地元、石川県では「金ちゃんヌードル」という徳島製粉が作ってるカップラーメンが、日清カップヌードルに比肩する存在として定番だったけど、東京に来てからは、スーパーに売ってないので買う機会がなくなり、地元に帰った時以外に口にする機会がなかった。そこで、Amazonで検索すると普通に一個140円で売ってたので購入し、届いたその日に、早速一個、待ちきれずに食べたら、その日のカロリーリミットの1500kcalを300kcalほどオーバーした。

300kcalのカロリーを消費するには、ランニングの場合、48分走る必要があるようだ。

ここでふと腹の具合に気付いた。「あ、ちょっと食べ過ぎてる」と。この感覚に驚いた。摂取カロリーの記録を取る前は、食べ過ぎた時は漫然と「ああ、もう入らない」ぐらいしか分からなかったのに、今は「今日はもう必要分食べてるよ。今、あれを食べたことで、300〜600kcavはオーバーしてそうだよ」と分かりかけてる。

つまり、腹八分目の感覚が芽生えつつある。これにより、折に触れて腹八分目に達していそうか腹具合を気にすれば、その日にあとどれぐらいまだ食べてよさそうかが感覚的に制限できそう。

「最適化」はデータに立脚する。まずは記録を取ることが肝要であったとさ。

イムリーな記事があった。


難しい。ベストな解答なんてないと思った。

次に結婚した人も子供に遺伝する難病で、死にゆく姿を見ることになるとしたら、また離婚して次を探すのだろうか…という疑問も湧いたけど、生命は本来、自分の遺伝子のための幸せが最優先だし…人倫に立ち、最後まで見届けろ!と外野が言うのは簡単だけど、それはとても苦労が多いことだろうし、そもそも人道云々を極論してしまうと、自由恋愛さえ成立させてはいけない気もしてくる。

例えば、子育てで毎日が辛くて辛くて仕方がないお母さんに「母親なんだからしっかりしろよ。好きで子供作ったんだろ?」なんて言ってはならないのは、もはや常識化してすらいる。

質問者も、辛くて辛くて仕方のない毎日なんだろうと思う。逃げ出したとて、誰が非難できると言うのか…。

だから、婚姻関係以外でも、愛し愛される関係が肯定されるコミュニティとかあれば良いよなあ。終の住処ってやつか。メゾンドヒミコの世界だけど。

質問者も私もいつ何時難病に罹患するか分からない。明日難病になったとして、その時、婚姻関係にある相手がいたら正直「私はあの時逃げ出したけど、あなたは私から逃げないで」という気持ちにはなるだろうし、相手も難病なら「一緒に最期を添い遂げよう」となるかも知れないし、それぞれの人にそれぞれの条件やタイミングがあるし、岸京一郎先生も言ってたけど、その状況にない奴に答えられる質問じゃない。

それでも、辛い時は誰かに話を聞いてもらえるだけでも、気持ちだけでも分かってもらえたら、少しは楽になるよね。

いろんな人の話を聞いたり、相談したりしていく人生でありたい。

メゾン・ド・ヒミコ

メゾン・ド・ヒミコ

  • 発売日: 2015/11/15
  • メディア: Prime Video


  • サザエをチン 2分ぐらい
  • サザエの身を取り出す。
  • 細かく切る。
  • 肝からギザギザのやつを取り出して刻み、ネギと味噌と味の素、砂糖を混ぜて、
  • 和える。
  • サザエの蓋を貝殻の中に皿を作るように入れて、そこに和えた中身を載せてレンジでチン 2分ぐらい

Netflixでこころについてのシリーズ作品を見てた。

夢の回を見てて思ったこと。全部想像。

  • 昆虫は眠るの?
  • 植物も眠るの?
  • バクテリアも眠るの?
  • 動物以外の生物も眠るの?
  • 昆虫以下の動物はなに?細菌と昆虫の中間の生物はいないの?彼らを分け隔てているものはなに?
  • 昆虫とミミズはどちらが下等なの?

夢って、感覚統合力が弱まった結果見る神経入力情報の交錯なんじゃないか?あと、人間は信号入力が無であることに耐え続けられないから、自分が持ってる信号をフィードバックして、それが夢という現象に見えてるんじゃないか?

つまり、普段も夢のような状態 (神経信号入力が膨大に飛び交う) なんだけど、統合支配のお陰で、思考がランダムに散らかったりはしない。統合というのは、複数の似たようなものをグルーピングしたり、腸や心臓などからの信号入力はメインスレッドでは処理しない、とかそういうカット処理も含む。

例えば、事故とかで信号入力が乱れて朦朧としたとき、統合力が弱まって、夢に近い状態になるのでは?

じゃ、統合してるやつは誰?そもそも脳の中にあるのか?筋肉が統合を担ってたりしないのか?

もし特定の部位が統合を担ってるとしたら、それを破壊すると、その脳は他の部位が健康であるにもかかわらず、ずっと夢を見るのか?

それとも特定の部位が専任的に役割を果たすのではなく、例えば文字を書く時は、字や音声を担う脳野と小脳が連携して統合の役割をする、とか、都度都度、統合を担う箇所は変わるのか?

それとも、記憶する仕組み自体が統合の正体だったりするのか?統合という概念に見えてるだけで。

例えば、時計は裏側のムーブメントだけ見ても人は時刻を認識できない。文字盤という表側のインターフェイスを付けて連携させて初めて時刻を認識できる。だけど、時刻は表層であって、その正体はムーブメントだから、直感的に見えてるものと、それを担って駆動しているものは違ってたりする。

なんで、人間は脳や肉体や細菌を使って生きてるのに自分のことが分からないんだろ。仕様書がないんだよね。仕様書がなくても組み上がって動いてるシステム。仕様書がないから、バグがあってもリファレンスするものがなくて、デバッグしていかないといけない。プリントデバッグとか。覚醒下で手術して、脳に電極を当てながらやるとか。

DNAは生物情報の設計図とか言われてたけど、それは不正確な表現らしい。そりゃそうだよね。設計情報があっても、運用していれば環境要因で構成情報は変化する。同じDNAでも出来上がっていくものが異なっていくのは双子の例からも分かる。

心と体の仕様書はどこにあるの?宇宙の仕様書は?

…何かを完全に再現する必要が無ければ仕様書は必要ないのか。今あるものをプロトタイプとして継承して改修していくスタイルか。てことは、地球上の生命が全滅したとして、なにかのきっかけで生命が誕生したとしたら、プロトタイプが残ってないからなにも継承出来なくて、また一から試行を重ねていくことになるのか。

そして、覇権を握れるかどうかは、バタフライエフェクトよろしく、環境因子次第で、次も人類が覇権を握れるとは限らないのか。スポーツで、大会のたびにトーナメントの勝ち上がり結果が異なり、優勝チームが毎回変わるように、数多ある経路の積み重ねが全く同じに再現されるとは限らない。


そう言えば。前に窓際でタバコ吸ってたとき、カメムシがいたのね。思わず、タバコで払ったんだけど、その後吸ったタバコのフレーバーがなんとも言えない良い匂いなわけ。燃焼とタバコ臭とのブレンドのケミストリーか?カメムシのフレーバーを混ぜたタバコ、売れるんじゃないかな。なんか、高級な天然の良いオイルの香りになった感じだった。