読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

peketaminの日記

その辺のプログラマーのチラ裏です。

知恵袋で質問してた曲名が明らかになった!!

この曲名がわかりましたらお教え願います。
チルアウトなクラブ系曲で女性がコーラスしてる感じです。10年、もしかしたらもっと前にクラブでかかっていたのではないかと... #知恵袋_
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11163094751

んで、回答を頂いた曲がこれ!!

the bird and the bee - Again & Again

めっちゃ嬉しい!!!

んー、そうか、鍵盤でフレーズを打ち込んで曲名検索するサービスがあれば…ってもうあるのかな?

いや、でも、ファンクソウルとか検索しにくそう。人類に残された課題はまだまだ山積み。 生きててよかったね。(誰が?)

Again & Again (Hotel Room Bossanova Version)

Again & Again (Hotel Room Bossanova Version)

  • ザ・バード&ザ・ビー
  • ポップ
  • ¥250


そういえば。

昨日、DPZのライターだった大塚幸代さんのことを思い出してはググっていた。元クイックジャパンのライターというプロフィールを見て、当初から興味を持って見ていた。同じくDPZのライターに宮崎晋平さんがいて、彼もクイックジャパン出身だった。

高校の時、危ない18号などのサブカルマガジンの存在を知り、そこを端緒に、世の中には想像以上にサブカルを取り上げた雑誌があったのだ、ということを知った。

クイックジャパンはその中でも装丁がシンプルでオシャレでカッコよかった。だけど、当時読んでいた他の雑誌に比べると、批評性がある、というか、文学的というか、サブカル版ロキノンみたいな感じで、ニワカには手が出しづらかった。

だけに。だけに、そこの出身のライターと言われるとどうしても期待してしまうわけで。果たして、DPZ上でのプレゼンスが期待通りだったかというと、色眼鏡を通して見ていたこともあり、定かではないけど、彼らのどの記事も素直にLIKEボタンを押したくなる(当初は無かったはず)テキストだった。

そんな憧れの雑誌の出身ライターが2人とももういないという寂しさを、なぜかふと思い出して感じていたのだった。

大塚さんは自分語りでネット上ではやや疎まれていたけど、もし関心がもたれないならそもそもそんな声も上がらないはずなので、近親憎悪というか、見ちゃう対象だったんだろうと思う。

彼女からは渋谷系時代の情景が肩越しに見えていて、もう帰れない日々に想いを馳せるのが好きな私は、そのなんとも言えない匂いにやはり惹かれていた。

だから、こんな音源まで残して、もういない、というのが余計に寂しく感じる。

パートナーさんと何かあったのだろうか、いや、無かったとしても、それは何があったにせよ結局、彼女自身の人生で、そして、いずれ自分にも、その時は来るのだろう、つまり、自分の人生はどうあがいても、どこまでいっても自分が決断していくしかないのだ、などと、この曲を聴きながら考えていた。

@nifty:デイリーポータルZ:カヒミ・カリィになりたかった


左手の親指を曲げると痛みが走るようになったのと、変な脂汗が出たので会社を早退して、家の最寄の整形外科に行った。

新ゆり整形外科。

レントゲンもエコーも撮ってくれたし、待合室にブラックジャックが置いてあったし、良い病院だった。

結論としては、様子見。少し液体が溜まってるとのこと。ガングリオンかも知れないけど、小さいし、液体を引くにも、もし袋があってそれごと取るにしても小さすぎるので、とのこと。

しばらく、その指を使わないように、と言われた。

業務ではプログラム書くので、指は商売道具な訳だけど、左手親指は使用頻度がまだ低い方なので助かった。macキーボードでは、コピペがちょっとしづらいけど、右のコマンドキーを使えばまあ、なんとか。